Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aneus.blog119.fc2.com/tb.php/171-71c6c37e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1701] パネェwwww

咥えこんだかと思ったら、いきなり尻穴に指突っ込まれたし!!
たった30秒で口内射精させられるとかマジ屈辱だったわorz
http://moourl.com/j3gor?35ki3td

[C1702]

何かいろいろな意味でおめでとう?
むしろどまwwwwww

斬馬男Aneusがんば(ぁ

[C1703]

くそわろたwwwwwwwwwwww
  • 2009-03-03
  • 神風漣(らひめ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

新たなるネタ、始動の予感

テンションが著しく高いので厨二病気味にお送りします。








トレードショップで運命の出会いがあった。

それは露天でもそうお目にかかることの出来ない一品。

標準+4の良品にして、30%1発張り付き済UG6。

まさに特価で販売されていたのである。

言ってみれば、廃棄に等しいような扱い。

正に運命の出会いだと予感した。







高額な30%書をTRADEで4枚まとめて購入した。

こいつには、それだけの価値があると思ったからだ。

結果は、失敗→失敗→成功→成功。

最初の2枚の悪い予感は何とか打ち払うことが出来た。

ここで、この後どうすればいいかを大衆に問うた。

返答は様々、一つに絞れるものではなかった。

しかし30%が3枚張り付いたこの武器、失うにはあまりにも惜しい。







こうしよう。

60%で様子を見よう。

成功したのならば、そのまま60%を貼ればいい。

失敗したならば、30%に賭けるしかない。

我ながらひどく臆病である。





60%は黒煙を上げて消えた。

もうやるしかない。

運命を賭けて、TRADEにもう一度入り30%書を購入。

奇跡を信じて青い書を放り入れた。






書は、光り輝いた。

男は深夜4時半、画面の前で狂喜した。





それはとてつもなく巨大で、個性的なデザインを持つ両手剣。

所持している者は希少、ドロップしようものならまず売ることを考える。

もうお分かりだろう、それは...













Maple0289.jpg












+4砕骨4連だったら攻撃125だろバーカとか思った奴

ちょっと全員前に出て来い。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aneus.blog119.fc2.com/tb.php/171-71c6c37e

0件のトラックバック

3件のコメント

[C1701] パネェwwww

咥えこんだかと思ったら、いきなり尻穴に指突っ込まれたし!!
たった30秒で口内射精させられるとかマジ屈辱だったわorz
http://moourl.com/j3gor?35ki3td

[C1702]

何かいろいろな意味でおめでとう?
むしろどまwwwwww

斬馬男Aneusがんば(ぁ

[C1703]

くそわろたwwwwwwwwwwww
  • 2009-03-03
  • 神風漣(らひめ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Aneus

Author:Aneus
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

Music Player

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。